呼吸器モード!簡単メリット、デメリット!解説!

広告

呼吸器って難しいですよね!
少し勉強してみましょう。

モードの種類
Volume Controlled Ventilation(VCV):従量式強制換気
Pressure Controlled Ventilation(PCV):従圧式強制換気

VCVとは???
一回の呼吸時に送り込む量(一回換気量)を決めて換気する。一回換気量が入り終わると、呼気にうつる。

メリット:一回換気量を設定することで患者さんに送り込む換気量は保証される。肺に病変がない患者さんに使用される。

デメリット:肺の状態が悪い、肺コンプライアンス低値=肺が硬く広がりにくい状態の場合、入り込む量は設定量になるまで入り続けるので圧損傷を起こす可能性がある。呼吸器回路にリークがある場合、換気量は保証されない。

PCVとは???
一回換気量を最高気道内圧(吸気圧)として決めて換気する。吸気時間が終わると、呼気にうつる。

メリット:患者さんの最高気道内圧が一定となるため、圧損傷が起こりにくい。吸気後、圧を一定に維持する為膨らみにくい肺胞もゆっくり加圧され、生理的換気が行うことができる。
デメリット:肺に入る前(気道や気管支)に閉塞がある場合、吸気時にすぐに設定圧に達する為、肺に酸素が届かず低換気となる。

少しづつ投稿開始していきます。別サイトで投稿しておりましたが、ブログをしっかり管理していくために、自身の専用ブログを立ち上げました。これからどうぞよろしくお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中