塩野義ワクチン 鼻の中へ噴霧 共同通信社より

塩野義製薬は29日、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を2022年度から始めると発表した。患者に注射しなくて済むため、新興国など医療環境が整っていない地域での普及を見込む。注射タイプのワクチンは年内には最終段階の治験に移行する予定だ。

吸入型の開発が始まった。子供も抵抗無く苦痛が少なくすむことは素晴らしい。子供をもつ親としては、早くの認可を求める。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中