抗体カクテル療法 中外製薬ロナプリーブ 点滴静注セット無床診療所も対象に

抗体カクテル療法として、中外製薬ロナプリーブ 点滴静注セットが今までは、有床診療所、病院でしか登録できなかったが、無床診療所も対象になり治療対象となることが分かった。

早期のカクテル療法により、患者の重症化を防ぐことが出来る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中