臨床工学技士の業務範囲追加に伴う厚生労働大臣による研修 実施報告 法改正と、業務範囲の追加

簡単な重要事項であろう言葉の羅列を並べておきました。追加勉強しながら頑張りましょう。

広告

働き方改革
医師の働き方改革
五年の猶予
必要な医療が受けられない危険性あり。
労働時間短縮のみは不可
タスクシフトが重要
臨床工学技士がサポートすることで改革が進むのでは?
2017年8月一年にわたり医師働き方改革検討会
タスクシフト、シェアの推進に関する検討会
2024年以降に適用される水準
abc水準がある。
b水準は2025年で終了予定、
水準を病院として得るためには管理者のマネジメント研修が必須になる。
医療機関内のマネジメント
病院団体、学会、各資格の業務検討委員会より検討項目提出

タスクシフティング出来るものを検討
100の項目をカテゴリ別にわけた。
教育と研修についても必要
議論の整理が公表
法令改正が必要なら2024までに法令改正と研修
医行為
臨床検査技士、放射線技士、臨床工学技士、救急救命士
静脈確保は、救命し以外
その場麺により出来るときが違う。
法律改正の提案が2021年1月提出、5月に確定
臨床工学技士法の改定がある。
一覧
改正後
第二条は変わらず。
第37条が大きく変わる。
医療用の装置の操作と厚労省が定めるもの。

第1条ニのところが、表在動脈と静脈が追加
具体例が書いてある。

32条変わらず、2025年4月1日前臨床工学技士免許を受けたもの。研修が必要。
求められる研修
研修到達目標
事前研修
基礎研修
実技研修

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中