国立国際医療研究センターブレイクスルー感染(ワクチン接種後感染)感染8分の1、入院死亡率25分の1!感染及び、重症化リスク低減!! 国立国際医療研究センター報告

 国立国際医療研究センターは9月29日、オンラインでメディアセミナーを開催し、同センターAMR感染症リファレンスセンターの松永展明氏が国内のいわゆるブレークスルー感染で入院した患者の実態を報告した。基礎疾患を有する高齢者の入院が多かったものの、非接種者に比べICU入室や抗ウイルス薬、抗体医薬の使用割合が少なかったという。(m3.com編集部・坂口恵)

非接種に比べ感染が8分の1、入院・死亡は25分の1

 松永氏によると、SARS-CoV-2ワクチンは他のワクチン同様、100%感染を防げるわけではないが、2回接種完了後のいわゆるブレークスルー感染時には症状が出ても軽いことが明らかになっているという。また、これまでの報告から、ワクチン接種者は非接種者に比べ感染が8分の1、入院や死亡は25分の1にとどまっている。米疾病対策センター(CDC)が行っている2021年9月20日時点のブレークスルー感染コホート調査によると、入院患者の20%が死亡し、そのうち87%は65歳以上の高齢者と報告されている。

ブレークスルー感染による入院例の8割は基礎疾患あり

 松永氏らは、国内でワクチン接種開始後に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって入院した患者の症状や予後を調べた。入院患者データベース(COVIREGI-JP)の2021年9月22までのデータを利用し、7月1日以降に入院した症例をワクチン被接種、1回完了、2回完了(接種後14日以上経過と定義)に分類し、背景や予後を検討した。

 ブレークスルー感染者を含む入院患者背景は表1の通り。解析対象期間の入院患者のほとんどはワクチン非接種の中年層が中心。ワクチン接種完了者の年齢は1回完了、2回完了の順に年齢が高くなっていた。ブレークスルー感染者である2回完了者は、基礎疾患ありの割合が85.2%と高いものの、入院時重症度が20.4%と非接種者や1回完了者に比べ、低い傾向にあった。また、2回完了者の75%が家庭内で、15%が医療機関でCOVID-19患者との接触歴を有していた。表1. 患者背景

(会見資料より)

ブレークスルー感染者は致死割合3分の1、生物製剤使用ゼロ

 65歳以上の2回完了者(44例)のサブグループでブレークスルー感染の症状を解析したところ、非接種者に比べ、年齢や基礎疾患ありの割合が高かったが、症状出現頻度は非接種者や1回完了者に比べ低い傾向にあった(表2)。表2. ブレークスルー感染者の症状(65歳以上)

(会見資料より)

 2回完了者は非接種者に比べICU入室割合が2分の1、ARDSの割合は3分の1、酸素使用割合は2分の1、致死の割合は3分の1だった。また、2回完了者に対する抗ウイルス薬(レムデシビル)の使用割合は5例(22.7%)と非接種者の101例(71.6%)に比べ少なく、生物製剤の使用はゼロなど、ブレークスルー感染の症状が軽いことを裏付ける結果だった。

 死亡例の解析では6例中2例が2回完了者で、その他は2回接種後14日以内の発症だった。6例の年齢は60歳代から90歳代でほとんどのケースが複数の基礎疾患を有していた。

「1回目接種直後、2回目接種前の入院多い」

 今回の解析は、入院患者データベースを用いたことから「実際には無症候性、軽症のブレークスルー感染はさらに多いと見られる」と松永氏。特に65歳以上のワクチン未接種者の死亡率が高く、「ワクチン対象者への迅速な接種が望まれる」と呼びかけた。この他、1回目接種直後や2回目接種前の入院患者が多かったことから、2回接種から14日が経過するまでの感染予防を徹底することが必要と強調した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中