がん患者でも6ヶ月後のコロナワクチン抗体安定‼️治療中でも大丈夫‼️

ランバムヘルスケアキャンパス(イスラエル)のIrit Ben-Aharonらが実施した研究。Cancer Discovery」9月号に掲載

米ファイザー社製の新型コロナウイルス感染症ワクチンを2回接種したがん患者とガンでない患者との6ヶ月後の抗体比較試験。がん患者のがん種として多いのは、消化器がん、肺がん、乳がん、全体の84%に転移が認められ、ワクチン接種期間中も積極的な治療を受けていた。結果としては、がん患者とがんでない患者で有意な差は認められなかった。

とのこと、がん患者であっても、抗体がしっかり維持されることが分かったことは、治療により免疫が低下するリスクがあるがん患者にとってとても有意義な発表であると考えられます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中