臨床工学技士の業務範囲追加に伴う厚生労働指定による研修 第2段コンプライアンスについて

広告

コンプライアンス
倫理綱領
医療者の社会的使命と責任
公衆安全を最優先
地位を高める
全人的医療に貢献
倫理規定
自立性が求められるが、社会に寄与する事を担保する
法律は自然法と実定法
倫理は、問題とされてない問題も問題化する
本質的に重要。
法律は更新していく。
コンプライアンスとは
社会的責務に積極的自律的に応じていく姿勢
倫理的行動を阻害する心理や態度

医療職が負うべき職業倫理

その業務を行うに当たって当然に負う責務
求められている業務に達していないこともいけない。
職場のハラスメント
2019年5月から
2020年6月改正
中小企業に関しては2022年4月から義務化
ハラスメントは予防する
利益相反COI
利害の対立する複数の社会的立場におかれている状態
必ずその事実を開示しなければならない。
会員の利益相反を解明する事
研究倫理
特定不正行為(FFP)
好ましくない研究行為(QRP)
研究倫理にかかる法令
臨床研究法
日とを対象とする医学系研究に関する倫理指針
倫理綱領の遵守
免許の取消
会員の懲戒等に関する規定策定と目的

色々重要なことがあります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中