SNSでワクチン接種後児童死亡と拡散、誤情報拡散は刑罰も。

広告

小学校の児童や高校の生徒が「接種後に死亡した」とする誤った情報がSNS上で拡散。学校には投稿を信じた人らから「隠蔽するな」といった抗議の電話が相次いでいる。学校側は「事実ではない」と強く否定している。

とのことです。ワクチンを接種するしないは、個人の自由です。しかし、打たないと決めたかたを批判。打つと決めたかたを誤情報により不安にさせることで後悔が後をたたない状況になります。皆様はご自身の強い意思の下、接種を決めていただき、後悔がないようにお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中