医療従事者がストレス対策として行うべき対策3選‼️ 最近の論文も踏まえて❗️

医療従事者は、このコロナ禍の中でとてもストレスフルな、職場環境及び家庭での生活も制限されています❗️その中で、ストレス対策を行うことで人生を豊かに、幸せに、有意義に出来ることもあることでしょう🎵皆さんも、実行されていることが多いとは思いますが、最近の論文も踏まえ、お教え致します🎵

まず対策としては、全て習慣化することで、さらに大きな効果を得ることが出来ます‼️不定期で行っていては、一時的なものでしかなく継続的な効果は得られません。

外出する❗️🚶‍♂️

Frontiers in Psychologyの2020年1月のメタ分析で以下のことがいわれています。(翻訳システムでの自動翻訳です。)

大学生の心の健康を向上させる自然の中での最小の時間はどのくらいか?
どのような種類の「自然との関わり」が最大の改善をもたらしたのか?
COVID-19-SUMMER TRAVEL
愛犬と一緒にアウトドアの冒険に出かけましょう。
約12,000件の研究を審査した結果、基準を満たした14件を選び、レビューを行いました。メタ分析の結果、以下のことが明らかになりました。

自然の中で10分間過ごすことで、心理的・生理的な指標が改善されることがわかりました。
その効果は「多様な自然環境」で発生し、これらの環境で座ったり歩いたりすることで得られた。

Scientific Reports誌2019年6月掲載の研究では、

健康と幸福を望むなら、自然の中で週に120分を目標にすべきであることが明らかになりました。研究チームは、約2万人の参加者に、過去7日間の「レクリエーションとしての自然との接触」と、自己申告による幸福度と健康度について質問しました。研究者たちは発見しました。

自然に触れる時間がない場合と比較して、120分以上屋外で過ごした人は、良好な健康状態または高い幸福感を報告する可能性が高かった。
自己申告による健康と幸福度の向上は、200~300分で止まった。

この結果は、高齢者や “長期的な健康問題 “を抱える人にも当てはまりました。
120分という時間は、一度に使ってもいいし、もっと短い時間に分けてもいい。

ヨガo(^o^)o

Journal of Workplace Behavioral Health2016に掲載された研究では、研究者たちは、医療従事者を対象に、認知行動ストレスマネジメント(CBSM)とヨガベースのストレスマネジメント(YBSM)を比較する2つの同時進行の研究を行いました。

一つ目では、合計37名のメンタルヘルス・ケアワーカーが、8週間にわたってYBSMを受けました。二つ目では、40人の精神医療従事者が、介入としてYBSMまたはCBSMを無作為に受けました。研究者たちは発見しました。

一つ目の参加者におけるYBSMは、”前後で多くの精神的・身体的な健康指標に影響を与えた”。二つ目では、YBSMとCBSMは、果物と野菜の消費量、心拍数、アルコール使用量、リラックスと気づき、職業上の生活の質、思いやりの満足度のバーンアウト、うつ病、ストレスのレベルを有意に改善した。

研究者らは、YBSMとCBSMは、医療従事者の心身の健康を改善する可能性があると結論づけた。また、YBSMは、全体的な活動量の増加、精神的な健康、”二次的な外傷性ストレスを減少させる効果 “という追加的なメリットを付与するとしています。

Journal of Clinical Medicine2019年2月に掲載されたメタ分析でも、同様の結果が得られました。研究者たちは、”ヨガは医療従事者のストレス管理に有効であるようだ “と結論づけています。その結論に至るまでには、以下の研究が役立ったという。

6カ月間の研究では、ヨガが中国の看護師のストレスレベルの統計的な改善に役立ったことが示されました。
11週間のプログラムでは、医学生がストレスに対する自己規制値と自己思いやりの値を向上させた。
その他の観察研究では、医療従事者はヨガが身体的、感情的、精神的な健康を向上させると考えていることが示された。

ジャーナル(日常記録、日記)

Journal of Nursing Education and Practice2017年の研究では、ジャーナリングが看護師のストレスへの対処、思いやり満足度の向上、燃え尽き症候群の減少、トラウマ・思いやり疲労への対処に役立ったことが示されています。

66人のRNがジャーナリングのクラスを受講し、実践した後、前述の要因を評価する3つのアンケートを受けました。また、自由形式の質問も行いました。
ジャーナリングは、3つの分野すべてにおいて、統計的に有意な変化をもたらしました。
自由形式の質問では、3つの共通した傾向が見られました。

ジャーナリングは、看護師が自分の心の奥底にある感情を解放するのに役立った。
自分の気持ちをよりよく理解することができた。

ジャーナリングによって、より合理的な判断ができるようになった。

次に感謝の気持ちを綴ったジャーナリングは、ストレスを管理するための迅速かつ効果的な方法であることが研究で明らかになっています。

ジャーナリングは、時間をかけてじっくりと行う必要はありません。研究では、毎日1~2分でできる感謝のジャーナリングが支持されています。2020年のJournal of Psychosomatic Researchのメタ分析によると、感謝のジャーナリングのような感謝の介入は「臨床的に使用可能」であり、睡眠に最も有益である可能性があります。

分析には19件の研究が含まれています。
該当する8件の研究のうち、5件で睡眠の質が改善しました。
血圧、血糖値コントロール、喘息コントロール、食行動は、該当する1件の研究のうち1件で改善しました。
炎症マーカーや自己申告の身体症状については、審査が行われていません。
TL;DR
ストレスを減らすために、これらの習慣を作りましょう。

週に120分程度、外に出ましょう。週に120分程度外に出る。一度に120分でもいいし、10分程度の短い時間でも効果はある。
ヨガをする。
感謝の気持ちを伝えるジャーナリングをする。

とのことです!

以上を踏まえ、運動110分と、ヨガと日記(ストレス記録)は、とても重要なストレス対策ということになります!皆さんも実行してみてはいかがでしょう!

医療従事者がストレス対策として行うべき対策3選‼️ 最近の論文も踏まえて❗️」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中