若い男性はファイザー推奨❓️心筋炎、心膜炎リスクあり‼️共同通信社より

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、若い男性を中心にまれに心筋炎や心膜炎が疑われる症状が出ていることを受け、厚生労働省が10~20代の男性には米ファイザー製を推奨する検討をしていることが13日、同省への取材で分かった。15日に開かれる副反応を分析する専門部会で議論する。

 モデルナ製を巡っては、同様の理由からスウェーデンやフィンランドで若い男性への接種を見合わせ、ファイザー製に一本化する動きが出ている。

 国内での9月12日までの報告によると、モデルナ製の接種後に心筋炎などが疑われる症状の男性での発生頻度は、20代で100万回接種あたり10・4件、10代で14・49件。これに対してファイザー製は20代が8・15件、10代が1・3件だった。両ワクチンの添付文書には既に症状に注意するよう促す記載がされている。

 一方で新型コロナの合併症としても同様の症状が出ることもある。国内の調査では、新型コロナ感染者に心筋炎などが疑われる症状が現れる頻度は15~39歳の男性で100万人当たり834人だった。

 厚労省ではこれまで「ワクチン接種後の心筋炎は軽症の場合が多く、リスクがあるとしても接種のメリットの方がはるかに大きい」との見解を示しており、部会でファイザー製の推奨が決まるかどうかは不透明な部分もある。

とのことです。

正確なデータを開示し、しっかりとした統計データが出ることでリスク管理もしやすくなると思います🎵

リスクの少ないワクチンがあるならそれを利用し対応して貰うのが一番ですね🎵

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中