フランス、インフルエンザ流行に備え、ワクチン積極的接種、フランスコロナワクチンとの同時接種についても容認‼️

フランス当局では、インフルエンザワクチンキャンペーンを実施予定との事。

コロナワクチンとの接種間隔については、医師会での決定により、同時でも影響はないと判断され、同時接種も可能となっているとの事。

日本では最低三週間の接種間隔を空ける必要があり、ブースター接種との問題もでてきている。

諸外国の同行を見守る必要がある。

とのことです。

日本は、副反応を重要視する側面もあるため、しっかりとした観察期間をもうけている。ワクチンの効果とリスクを考えてしっかりとした情報収集が必要となる‼️

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中