妊娠中の、自然死産リスク、母親の職業による差があり‼️皆さんの職業は大丈夫⁉️気になる方はチェック⬇️

母親の職種と出産後 1 年時までの児の死亡の関連 人口動態職業・産業別調査データより
鈴木有佳 仙田幸子 本庄かおり

目的 出産を経ても就業を継続する女性の割合が増加している。欧米では,女性の特定の職種が出産時・出生後の児の死亡リスクと関連することが報告されているが,日本ではこの関連を検討した疫学研究はない。そこで本研究は,全国調査データを用い,母親の職種による妊娠12週以降出生までの児の死亡リスク(解析 1),出生から出生 1 年後までの児の死亡リスク(解析 2)について検討することを目的に実施した。

方法 1995, 2000, 2005, 2010, 2015年度人口動態職業・産業調査(出生票,死産票)ならびに1995、96,2000、01,2005、06,2010、11,2015、16年度人口動態調査(死亡票)を用いた。解析 1 では生まれた児のうち,5,355,881人を対象とし,解析 2 では同期間に出生した児のうち,5,290,808人を対象とした。説明変数は母親の職種(管理・専門・技術,事務,販売,サービス,肉体労働,無職),目的変数は自然死産(自然死産なし=出生)(解析 1),新生児・乳児死亡(新生児・乳児死亡なし=出生 1 年後生存)(解析 2)とし,ロジスティック回帰分析を用いて解析した。また,有職者における職種に起因した自然死産の人口寄与危険割合を算出した。

結果 自然死産は61,179人(1.1),出生した児のうち新生児・乳児死亡は12,789人(0.2)だった。出産時の母親の職種が管理・専門・技術と比較した,事務,販売,サービス,肉体労働,無職の,自然死産に関する調整オッズ比(95信頼区間)は,1.24(1.201.29),1.48(1.41
1.56),1.76(1.691.83),1.54(1.461.61),0.95(0.920.98)だった。母親の職種と新生児・乳児死亡の関連は見られなかった。また,有職者における母親の職種が事務,サービスの自然死産に対する人口寄与危険割合は7.4,12.3だった。

結論 本研究の結果,母親の職種により自然死産リスクに差が認められた。とくに,母親の職業がサービス職である場合,自然死産のリスクならびに人口寄与危険割合が最も高かった。一方,母親の職種と出生後の新生児・乳児死亡リスクには関連がみられなかったことから,母親の職種は妊娠期において児の状態に影響する可能性がある。本研究結果により,妊娠期の母親の職業に注意を払う必要が示唆される。

Key words職種,死産,新生児死亡,乳児死亡,周産期死亡
日本公衆衛生雑誌 2021; 68(10): 669676. doi:10.11236/jph.20151

とのことです❗️

サービス職が自然死産リスクが高く、管理職技術職と比べ、1.7倍高いとの事です。

出産後のリスクは海外では、報告がありますが、日本では差は証明されませんでした。

肉体的、精神的ストレスが、やはり胎児にも影響がある可能性があります。

仕事も大切ですが、配置換えなど出来る会社であれば、なるべく座って出来るストレスの少ない部署への変更が良いのではないかと思います。

ストレスは、本人に強い影響を及ぼすため、それに伴うリスクがあるのでしょう。

家族みんなで母親を支える環境を作ることと、社会全体で妊婦を支えることが大切になります。

職場内でも妊婦の方には、是非優しく対応いたしましょう🎵

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中